タオルを使って腰椎の歪みを調整して腰痛を改善させる方法 豊岡市

2021年07月01日

 

こんな症状でお悩みではありませんか?

 

  1. 座って立ち上がる時に腰が痛くて伸びにくい
  2. 歩くとすぐに腰が痛くなり、15分も歩けない
  3. お尻が後ろに出て、まっすぐ立ちにくいetc

 

もしかすると、その原因は「腰椎のカーブ」にあるかも知れませんので、最後までご覧いただけると嬉しいです。

 

本来の理想的な腰椎のカーブ

本来、5つある腰椎は「前弯」といって前にカーブを描き、腰椎にかかる「重力・体重」の負担を分散させる役割があります。

 

しかし、この前弯が

  • ・老化(筋力低下・運動不足)
  • ・デスクワーク

によって、背骨の両側に連なり背骨のカーブを保持する脊柱起立筋の筋力が低下してしまうと、下の図のように

  • *腰椎の後弯
  • *骨盤の後傾

が生じ、

  1. 座って立ち上がる時に腰が痛くて伸びにくい
  2. 歩くとすぐに腰が痛くなり、15分も歩けない
  3. お尻が後ろに出て、まっすぐ立ちにくいetc

と、日常生活だけでなく、仕事にも支障をきたしてしまう恐れがあります。

 

 

腰椎の理想のカーブを作るにはスクワットetcのトレーニングも必要ですが、今回はタオルを使って腰椎・骨盤の調整法をお伝えしていきます。

 

ケア方法

【ポジションを決めよう!】

  • ・はじめに、バスタオル程度のタオルを用意して下さい。
  • ・タオルを3回折りたたんで、グルグル巻いてロールケーキのように丸めて下さい。
  • ・足を伸ばしたまま座ります。
  • ・丸めたタオルの中央を骨盤と腰椎との間(下の図の◯付近)に置き、そのまま仰向けで寝ます。
  • ・まっすぐ寝て腰に負担がくるのが心配な場合は、身体を横にひねってまま手をついて徐々に仰向けに寝て下さい。
  • ・腰に痛みが出てくれば中止して下さい。

 

*タオルがない場合は、両手を重ねると7〜8cmくらいの高さになるので代用して下さい。

 

【実践しよう①】

腰椎がまっすぐ・後弯している人は、最初から膝を伸ばすと、腰が反りすぎてしまい痛みが出やすくなるので、膝を曲げて腰への負担を減らしましょう。

→このまま深呼吸を10回ほど行います。

この状態で、タオルが腰椎をじわぁ〜っと前弯方向にストレッチをかけてくれます。

 

【実践しよう②】

次は、曲げてた膝をゆっくりと伸ばし、深呼吸を10回ほど行います。

→より前弯方向にストレッチがかかります。

 

【実践しよう③】

最初と同じように両膝を曲げ、今度は両膝を左右に通していきます。

腰椎の動きは、

  • ・前後屈
  • ・左右への側屈
  • ・ひねる回旋

の動きがあるので、複合的に動きをミックスさせることで、より連動した動きが可能になるので、

  • ・最初は浅く左右に5回ずつ膝を倒し
  • ・次は、深めに5回ずつ倒していきます。

それが終わると1度タオルを抜いて、膝を立て③と同じように左右に膝を倒してみて下さい。

さっきよりも腰の動きが軽く、膝が倒しやすくなってませんか?

動かしやすくなっていたらオッケー!です。

 

*起き上がる時、まっすぐ起きると腰に負荷がかかるので、身体をひねって手をついて起きるようにして下さい。

 

上記でも説明した通り、スクワットなどのトレーニングをすると、腰椎の前弯への刺激になるので併せて行うと相乗効果が生まれ、筋肉をつけることは「ゆがみ」の少ない安定した姿勢を手に入れることが出来ます。

 

動画

より詳しく知りたい方は、動画をご覧下さい!

 

 

 

 

 

 

「私に合っているか不安・・・。」
そんなあなたに提案です。

診察予約は今すぐお電話で!

09074960739

【受付時間】平日 8:00~20:00 土日・祝日 8:00~14:00(不定休)

*施術中は電話に出られませんので留守番電話にお名前を残しておいて下さい。必ず折り返します。

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休 で承っております。

※受付時間は、平日8:00~20:00 土日・祝日8:00~14:00までですが、メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。時間外にHPをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いします。