「いじめ」が最多だって

2018年10月27日

「いじめ」が最多だって

 

こんにちは。

 

豊岡市で唯一の「慢性腰痛」

専門整体院マッヘン

院長の青田 道雄です。

 

 

26日(金)の新聞で

 

こんな記事がありました。

 

 

 

「いじめ」が最多なんだと。

 

 

特に、小学校低学年〜中学年が増え

 

ネット上での誹謗・中傷が増えたんだと。

 

 

 

 

不登校も14万人の方がいるみたいです。

 

 

しかも、

 

不登校の理由の36.5%で1位なのが

 

 

 

家庭問題。

 

 

 

何ですって。。

 

 

 

ドキッ!

 

 

 

「友人関係」などが1位だと思ったんですが

 

それは2位で

 

1位が家庭問題だったんですね。

 

 

 

 

ギクシャクした環境や何など

 

もっと酷い問題があると思いますが

 

要は家庭円満が1番と言うことです。

 

 

お子さんがいる方々は、

 

肝に命じておきましょう!

 

 

 

私には幼稚園に通う子供がいて

 

時々、

 

「遊んでる時に仲間外れにされた。」

 

と言われたことがあって

 

胸が締め付けられたことがありました。

 

 

3才のことなので

 

本気の仲間外れではないと思いますが、

 

関わりが深くなるにつれて

 

少なからずそう言う機会が増えます。

 

ケンカもあるかも知れません。

 

そうやって成長していくもんだと思います。

 

 

 

でも、

 

「ケンカ」と「いじめ」は違います。

 

 

人によって定義はあるかも知れませんが、

 

ケンカは対等ですが

 

いじめの殆どが

 

弱いものいじめの構図になっているからです。

 

 

大人になってからのいじめは少ないですが

 

子供はまだ「善悪」の判断や

 

「我慢」・「思いやる気持ち」等が

 

発達していないのでやはり

 

親・大人が伝えていかないといけません。

 

 

 

私がつい、

 

乱暴な言葉をポロッと発すると

 

子供が覚えていて実際に使っこと

 

があって反省したことがありました。。

 

 

 

子供は

 

良くも悪くもしっかり親・大人を見てます。

 

 

不登校が「家庭問題」ってのも頷けますね。

 

 

 

自分の子供がいつ

 

「いじめ」の加害者・被害者になるかは

 

分かりません。

 

 

 

だから、そうならないためにも

 

私たち親・大人がしっかり手本になって

 

あげないといけないんですよね。

 

 

 

「いじめ」をなくすって

 

「難しい問題」と決めるとそれまでですが

 

小さくても出来ることはいっぱいあるので

 

言葉遣いや態度から見つめ直して

 

しっかり怒る時は怒ったり

 

褒める時は褒めてあげたり

 

「出来ることから」ですね。

 

 

 

 

今日もブログをご覧頂き、ありがとうございました!

 

 

豊岡市で

 

・腰痛

・坐骨神経痛

・ヘルニア

・脊柱管狭窄症

・シビレ

・ファスティング(断食)

 

 

 

でお悩みの方は今すぐコチラまで

 

 

↓ 整体院 マッヘンHP はこちら ↓

豊岡市の「腰痛」専門整体院 マッヘン HP

 

 

↓ お電話はこちら ↓

090-7496-0739

 

「はい、整体院マッヘンです!」と電話に出ますので、
「ブログを見て、予約したいのですが」とお伝えください。

 

 

↓     LINEでの予約・無料相談はこちら ↓

https://line.me/R/ti/p/%40yac7181b

@yac7181b

・名前

・症状

・希望の日時

・電話番号

を合わせて記入して下さい。

「私に合っているか不安・・・。」
そんなあなたに提案です。

診察予約は今すぐお電話で!

09074960739

【受付時間】平日 8:00~20:00 土日・祝日 8:00~14:00(不定休)

*施術中は電話に出られませんので留守番電話にお名前を残しておいて下さい。必ず折り返します。

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休 で承っております。

※受付時間は、平日8:00~20:00 土日・祝日8:00~14:00までですが、メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。時間外にHPをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いします。